なんで睡眠薬はお酒(アルコール)と併用してはいけないの?

睡眠薬処方してもらっている人は、
病院のお医者さんに強く言われていると思いますが
睡眠薬お酒(アルコール)併用してはいけません!
今回は、なぜお酒と睡眠薬の相性が悪いのかを解説
( ‘-^ )b

 
 

睡眠薬お酒(アルコール)
一緒に併用して飲んでしまうと
その日だけ、一時的には良くても
後々を考えると不眠症解消の遠回りです

お酒のアルコールは睡眠薬の効果を強くする!

 
iu
 

睡眠薬はとても強いお薬で、脳に作用して
脳の活動を抑えます(これにより眠る)
そのため、服用する量を間違うと
に重大な後遺症を与えるダメージを負わせてしまう
副作用が起こる危険性があるのです
(>_<)

 
 
睡眠薬を服用する量は、キチンとした医者判断して
その人の症状(不眠症)の程度に合わせて処方します
量を間違うと、内臓ダメージを与えてしまうからですね

 
 

しかし、睡眠薬抑制する効果
お酒に含まれるアルコールによって、何倍にも強まります
このため、睡眠薬お酒を一緒に飲んでしまうと
医者が想定していた睡眠薬効果よりも
より強く抑制させて押さえ込もうとするのです
そうなると、思いがけない副作用リスクが高まり
体と脳が危険な状態になるんですね
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

睡眠薬の効果が強まってはいけないの?

 
ilm19_cb01076-s
 
お酒睡眠薬を飲めば普通に飲むより簡単に眠れる!」
・・・と、考えてはいけません!
確かに普段より睡眠効果強くなり、通常よりも直ぐ眠れることが可能でしょうが
その反面、睡眠薬副作用依存性が強くなり
体や脳にも負担がかかります
(`・ω・´)

 
 

不眠症治すには、初めは睡眠薬チカラを借りますが
睡眠薬は体に悪いため、徐々に睡眠薬から脱却していかなければなりません
睡眠薬の効果を強くするということは、睡眠薬への依存性
その強くなったぶんだけ高くなるということです

 
 

アルコールと睡眠薬を併用するのは、一時的には直ぐ眠れていいかもしれませんが
長期的に見ると、病院のへの依存度が高くなり
睡眠薬からの脱却が遅れてしまいます
不眠症を本当に直したいなら、睡眠薬は必ず水でお飲みくださいね
ヽ(*´∀`)ノ

 

不眠症を治すにはアルコールに頼っていてはダメ
睡眠障害はサプリで治す方が安全

 
 
 
 
 





マインドガードdx
通販のみの販売で5万本販売している人気サプリ
マインドガードdxの特設ページが出来ました!




体を元気に、毎日元気に!にんにく玉ゴールド

にんにく玉

にんにく卵黄




アナタの不眠症サプリを使えば劇的に改善する可能性があります!
人生の3分の2をバッチリと過ごすために

不眠症解消ブログトップページ(睡眠サプリの選び方など解説)


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ