光目覚まし時計とあわせて使いたい!起立性調節障害を治すキリツテイン!

朝が起きられるようになれる光を使った目覚まし時計です
大人気の光目覚まし時計とあわせて使いたい!起立性調節障害を治す
キリツテインもぜひ、お試しくださいませ
(*´∀`)♪

 
 

起立性調節障害とは
ストレスや生活習慣が原因で
朝が起きられなくなる病気です
光目覚まし時計だけでも
治療の成果はありますよ

朝起きられないのは現代病の症状です

 

 
 
 
朝に弱い人っていますよね?
寝不足だったり、寝るのが遅かったりすると
起きるのが辛くなるのは当たり前なのですが
中には、どんなことをしても
・「朝起きるのがしんどい」←二度寝する
・「朝になるとやる気がでない」←二度寝する
・「起きてしまうと動けるけど、起きられない」←二度寝する

 
 
・・・と、朝に弱い人は
朝になると、体調不良(精神的なもの)を感じてしまいます
一見すると「怠けている」ようにも見えますが
実はこれ、「起立性調節障害」という病気の症状です
(>_<)

 
 
アナタも、こんなことはありませんか?
(>_<)

  • 学校が不登校になってしまっている
  • 朝や午前中の調子が悪い
  • 急に立ち上がると「フラフラ」「クラクラ」する
  • 朝がとにかく辛いし、だるい
  • 通勤電車で立っているのが辛い
  • 家事をちゃんとやることができない
  • ベッドや布団から出られず二度寝・・・
  • 中学生や高校生くらいから朝が辛くなった

 
 
以上の症状は、自律神経失調症の疑いがあり
朝がだるい、起きられないのは
自律神経失調症の症状の一つである
「起立性調節障害」を患っている危険性が高いんです!

※※起立性低血圧は、特に
思春期にかけて症状が重くなり
日本人全体の10%程度がかかっているとされています
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

自律神経失調症の症状である、起立性調節障害とは?

 

 
 
 

起立性調節障害は、思春期で最も起こりやすい疾患の一つであり、
頻度は約5~10%と大変に多いものです。

起立性調節障害の子どもは、朝起きが悪く、なかなか起きません
一日中ごろごろして、夕方になって元気になり、逆に夜には寝付けません。
学校を欠席したり引きこもりがちになるので、最近、注目されています。

まー簡単に起立性調節障害を説明すると
「寝起きが悪い(それも極端に)」病気です
日本人の約10%がこの病気にかかっているとされており
治療も行わない「単なる怠け病」と
ほったらかしにされている子が多いようです
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

朝起きられない子は90%以上が不登校になる!

 
 
こちら、子供が不登校になる原因のランキング画像です

不登校になる原因ランキング

 
 
以外と知られていないのですが
不登校になる原因として、とても多いのが
「朝に弱い、起きられない」ことです
(`・ω・´)

 
 
日本人の10%程度が発症しているとされる
起立性調節障害を「怠け病」と
ほったらかしにしていると
アナタの子供も、不登校になってしまう危険性があります!
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

キリツテインで嫌な朝もすっきり起きられる!

 
キリツテイン
 
 
 
キリツテインは、医学雑誌にも掲載されていて
起立性調節障害や自律神経失調症の改善に
今注目されている成分である
「L-テアニン」を配合してある
寝起きが良くなるサプリメントです
(*´∀`)♪

 
 
キリツテインを飲めば、起立性調節障害・自律神経失調症の
3つの原因

・生活習慣
・精神的なストレス
・低血圧

・・・・といった、病気の原因となるものを
緩和させて、寝起きを良くすることができます
朝が弱い人には特におすすめ!
精神的なイライラも沈められるようになりますよ
(*´∀`)♪

 
 
※キリツテインについてのより詳しい詳細は
キリツテインのレビュー記事をご覧下さいませ
(*´∀`)♪
 
 
キリツテインの通販購入はこちら↓
朝が辛くて不登校に。そのまま放置しておくと・・・
キリツテインの通販購入はこちら
 
 
光目覚まし時計キリツテインとあわせてお使いください!
不登校の子どもと親を救う魔法の光。光目覚ましinti(インティ)

光目覚まし時計の通販購入はこちら

 
 



 
 
 
 
 
 





マインドガードdx
通販のみの販売で5万本販売している人気サプリ
マインドガードdxの特設ページが出来ました!




体を元気に、毎日元気に!にんにく玉ゴールド

にんにく玉

にんにく卵黄




アナタの不眠症サプリを使えば劇的に改善する可能性があります!
人生の3分の2をバッチリと過ごすために

不眠症解消ブログトップページ(睡眠サプリの選び方など解説)


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ