昼夜逆転の睡眠障害を無理やり改善する方法

睡眠障害昼夜逆転
無理やりにでも改善する方法を解説します
これで100%治るわけではありませんが
だれでも簡単に実践できるのがポイントです
( -`ω-)b

 
 

睡眠障害・自律神経失調症には
このブログでも解説している
にんにく本舗ニンニク玉ゴールド
簡単で安く手に入るためおすすめです

昼夜逆転のデメリット

 
yjimage (25)
 
 
 

昼夜逆転のデメリットは、アナタも十分ご存知のはずです
夜に活動して日中休むという生活は
経験が少ない人には、結構楽しいと思いますが
常習化してしまうと、自然の摂理に反しているため
内蔵に負担がかかり、様々な病気や
太る原因になります
(>_<)

 
 

なにより辛いのが
「お母さんに迷惑をかけること」ですよね
社会的にも昼夜逆転は推奨されていないため
周りのご近所に迷惑をかけているんですよ
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

なんで昼夜逆転になるの?

 
001
 
 
 

睡眠障害の一つである、昼夜逆転
夜寝ない⇒朝ごろ眠くなる⇒夜寝れなくなり起きる
と、だれでも簡単にわかる悪循環に入っていますが
わかっていても、朝は眠たいし
夜は寝れません(交感神経が覚醒しているので絶対寝れない)
この繰り返しが常習化してしまい、体に生活リズムとして
インプットされてしまっています
(つд⊂)

 
 

ですが、昼夜逆転の原因はわかっているため
改善方法も簡単にわかりますよね?
そう・・・朝(日中)起きて
夜に寝る生活を送れば治るのです!

 
 

無理やり昼夜逆転を改善させる方法

 
086945
 

治し方ははっきりしているために
無理やり昼夜逆転を改善させる方法を取れば大丈夫です
今現在、昼夜逆転で悩んでいる人は
以下の対策方法をとってみてください

 
 

①始め、眠くても日中起きる(まずは昼の14時頃に眠りましょう)
②今まで朝寝てたのが昼14時にずらすため、夜は2時ころまで眠れるはずです
③夜2時から、今度は日中ずっと起きていて、夜7時ごろ寝ましょう
④これで、朝の4時~7時頃に起きられるようになります

 
 

④の状態が、普通の人の生活リズムですので
次からは、夜8時~10時頃に寝るようにしてみてください
早寝早起きができるようになっているはずです
( -`ω-)b

 
 

無理やり昼夜逆転改善方法のデメリット

 
20111009001625
 

紹介した方法は、だれでも簡単に実践出来ると思いますが
せっかく④の普通のリズムになったのに
寝るのが10時以降、0時まで起きてしまっていると
どんどん睡眠時間が後ろにずれていってしまって
また、昼夜逆転生活に戻ってしまう人が多いです
(>_<)

 
 

これは、アナタの自律神経が乱れてしまっているからです
自律神経が乱れていると、睡眠リズムも乱れがちになり
寝つきが悪かったり、起きれないといった症状が出やすいので
自律神経の乱れが治るまで、
普通の人より多めに睡眠時間を取る必要があります

 
 

目安としては、10時間~12時間睡眠で
日中起きられるように過ごしてください
※紹介した方法は12時間睡眠を推奨しています

 
 

自律神経を食事から治す!

 
にんにく玉本舗
 
 
 

私のブログで解説している
完熟にんにく卵黄ニンニク玉ゴールドには
高い健康効果、自律神経への効果があります
(*´∀`)♪

 
 

特に、睡眠障害の改善効果に優れているので
昼夜逆転生活を改善させるときに
自律神経を整える食事として、おすすめできます
このブログからお試しセット(にんにく玉ゴールド2袋)が購入
いただけますのでまずはニンニク玉を食べながら、ゆっくり治して
いきましょうヽ(*´∀`)ノ

 
 
<にんにく玉2袋セット購入はこちら>

にんにく玉ゴールドのお得な通販購入はこちら
 
にんにく玉ゴールドの効果や口コミ、購入方法の記事はこちら
 
 

このブログから購入した場合の特典
①1ヶ月分(2袋)のお試しセットに申し込める
②送料無料
③料理に使える熟成乾燥ニンニク粉末が無料でついてくる
④定期購入だと最大27%割引!+1袋無料+風水猫or卵かけご飯醤油を無料プレゼント
(風水猫と卵かけご飯醤油はどちらか希望の商品をお選びください)

 
 
 
 
 
 





マインドガードdx
通販のみの販売で5万本販売している人気サプリ
マインドガードdxの特設ページが出来ました!




体を元気に、毎日元気に!にんにく玉ゴールド

にんにく玉

にんにく卵黄




アナタの不眠症サプリを使えば劇的に改善する可能性があります!
人生の3分の2をバッチリと過ごすために

不眠症解消ブログトップページ(睡眠サプリの選び方など解説)


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ