4歳児の不眠症にはにんにく玉がおすすめ

子供の不眠症の症状は、大人からみると不思議ですよね
今回は4歳までの子供に多い不眠症の症状を解説します
( -`ω-)b

 
 

4歳ともなると、そろそろ自分で
睡眠生活を送って欲しい年齢ですよね

子供の不眠症の症状は
遺伝によるものも大きいです

子供の不眠症の症状4種類

 
reason03
 

夢遊病

 
 
正式には、睡眠時遊行症と言います
突然起き上がって、パジャマを脱いだり
部屋を歩き回ったりする症状です
目を開けていて、障害物も避けながら歩きますが
依ぼかけても返事はせず、本人も覚えていないのが特徴です

 
 
夢遊病は4歳~6歳ころに始まりますが
7~14歳で自然に治ります
アンケート調査では、5歳~12歳までの子供で
夢遊病を一度は経験したことがある子は15%もいるそうです
自然に治りますので、叱ったり無理に起こしたりせずに
歩き回る時に怪我をしないように、寝室をキレイにしておきましょう

(`・ω・´)

 
 

夜驚症(やきょうしょう)

 
 
寝ている時に突然大声で叫んだり泣き声を出したりする症状です
汗をびっしょりかいて、手足をバタバタ動かすことが10分~30分ほど続くので
なにがあったのか?心配になりますが
発作中に体を揺さぶって起こそうとしても、なかなか目を覚ましません
こちらも、子供自身はなにも覚えていないのが特徴です

 
 
夜驚症も年齢とともに治まっていくので
大きな心配はいりませんが
症状がひどい場合は、心療内科や精神科などでお薬を処方してもらう場合もあります

 
 

悪夢障害

 
 
悪夢を見て、子供が怖がったり泣いたりして起きる不眠症で
明け方に見ることが多くなります
大人が悪夢を見る原因は、ストレスですが
子供の悪夢の原因はストレスだけとは限りません
睡眠時間が充分とれない状態になっていると、悪夢を見ることが多くなります

 
 
こちらも、年齢とともに治まっていく不眠症です
しかし、ストレスが強かったりする場合は
カウンセリングや睡眠薬などの治療を受けたほうが良いです

(心療内科や病院の精神科を受診してください)

 
 

おねしょ

 
 
正式名称は「夜尿症」といいます
子供が成長していけば自然に、寝ている時に尿意を感じれば
目が覚めるようになりますが、
何かがきっかけで再びおねしょをする場合もあり、これを夜尿症と言います
睡眠時遊行症や夜驚症を合併することもよくある不眠症の症状ですが
心理的なストレスや生活習慣の乱れが原因となる場合が多いです

 
 
4歳~5歳の夜尿症は年齢とともに良くなるので
小学校に入学する前の時期なら、そのまま見守りましょう
子供を叱ったりすると、強迫性ストレスになるので
夜尿症が治るのが遅くなるので注意してください

 
 

終わりに、子供におすすめの睡眠サプリ

 
不眠症LP
 
子供の不眠症の原因は、まだよくわかっておりませんが
そのほとんどは時間(年齢)とともに治っていきます
できるだけすぐに治したいという方には
にんにく+卵黄にんにく玉ゴールドがおすすめです
自律神経を安定させる他にも、抵抗力を上げ風邪を引かないようにする効果があります
健康にもとっても良い、子供も飲んで安全なサプリメントです
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

にんにく玉の販売店は私のブログと提携していて
Amazonや楽天よりも格安で購入いただけます
今なら、最新版のにんにく玉ゴールドお試しセット(2袋)がおすすめです

 
 
~100年前と同じにんにく卵黄~
[完熟にんにく卵黄おためしセット]購入はこちら

 
 





マインドガードdx
通販のみの販売で5万本販売している人気サプリ
マインドガードdxの特設ページが出来ました!




体を元気に、毎日元気に!にんにく玉ゴールド

にんにく玉






アナタの不眠症サプリを使えば劇的に改善する可能性があります!
人生の3分の2をバッチリと過ごすために

不眠症解消ブログトップページ(睡眠サプリの選び方など解説)


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ